仕事

【実体験】学校に通い直し再就職したのに、求人詐欺で退職した話



皆さんは「求人詐欺」をご存知でしょうか?


偽った雇用条件で求人を募り、入社後に全く異なる雇用条件で労働させる非常に悪質な採用法ですが…


僕はそれにまんまとハメられました…笑


現代の日本社会では、この「求人詐欺」が蔓延っており、特に社会経験の少ない新卒社員はシレっと入社させられる事案が多発しております。

今回は僕の実体験より、この詐欺行為の実態を周知し、少しでも被害者が減ってもらえるように経験談を綴っていこうと思います。


coco
今まで時間と努力が一瞬で無駄になるからね、ほんと気をつけてね!!


【回避不可】求人詐欺は避けられる類のものではない



まず、契約詐欺は回避しようと思って避けられる類ものではありません。

採用時に労働条件を通知されますが、実態を即座に確かめる術はないからです。


僕自身も労働条件をしっかりと確認し、納得したうえで入社を決意しました。

業務内容を納得の上、社会保障・交通費の有無、出退勤時刻、昇給制度、ボーナス、しっかりと見定めて契約を交わしました。



勿論、僕自身は指定された雇用条件で働いているつもりです。

業界経験がない人材、無力なうちはチャンスを呼び込むために日々姿勢を示し続けるしかありません。

無能な新人にできること

  • 最大限成長のために創意工夫をすること
  • 先輩方が作業に集中できるように雑務を率先してやること



能がないのだから、成長を第一に考え、毎晩3~4時間残って技術習得に励みました。


僕のいた会社は試用期間を設けており、その間は月給制ではなく時給制のアルバイトとして採用されます。

機械設計は適性がものを言いますので、その間にしっかりと見定めるのが通例でした。



1ヶ月、2ヶ月と経ち、正社員登用となりました。

晴れて正社員、一日も早く設計者になれるように努力を惜しまず喰らいついていこうという気概でした。


しかし、登用直後の給料を見て唖然としました。


話がまるで違ったんです…


【雇用条件】求人詐欺を実感



僕の給料は思い描いていたものとは程遠いものでした。

全くの未経験、指定された給料は諸手当を合わせて18万円と薄給でしたが、それでも自分の将来のためと飛び込んだ業界です。


しかし、実際の給料はそれよりも3万円近くも低かったんです💦
交通費支給がありませんでした…笑


coco
給料明細見たとき、ただただ唖然としたよね…



僕は2時間かけて通勤していました。

帰宅時間が遅くバスはなくなってしまうので、最寄りの駅前にワザワザ駐車場を借りて、定時後もスキルアップに励めるように足を確保していました。


会社の規定では25000円まで通勤手当が出る規約でした。

実費ではひと月35000円と、10000円余分にかかっていましたが、それを負担してでも続けていく気概ではあったんです。


ですが、その実態はまるで違いました。

不満だった点

  • 裁量労働制ということで、自身で作業のペースをコントロールできるかと思っていいたが、出退勤時刻が明確決まっており裁量はなかった。必然的に早朝出勤、深夜帰宅せざるを得なくなった。駐車場代もかさんだ。
  • 残業代は出なかった (設計は成果主義のため、ある程度は納得していたが、上司の働きぶりを見ているとあまりに薄給に思えた。休日出勤は当たり前。)
  • 交通経路票を提出し、金額記入までしたのに、交通費支給なしの意味が分からなかった。



話は違ってましたが目を瞑り、定時後も自身のスキルアップ務められるとポジティブに考え、これからも頑張っていくつもりでした。

ただ、仕事を続けていく中で「不信感」だけは拭い去ることはできませんでした。


【手術】不信感の中で頑張ると、先に体が壊れた



雇用条件はまるで違いました。

そもそも薄給な上に、ひと月35000円もの交通費をかけていれば当然生活難です。

それでも、自分は成長していきたかった。


到底足りない給料をもらいながらも働き続けることにしました。


働きながら思っていたこと。

頭の中

・今回は何かの間違いかもしれない。
・来月の給料を見て考えよう。




明らかに求人詐欺、でも信じたくない自分がいました。



毎日募っていく不信感、社長の顔を見るたびに頭が重く感じます。

ずっとデスクワークのせいか、やたら腰も重い…


トイレに行くとドバっと血が流れました…


満員電車で一時間半立ちっぱなし、不健康な生活リズム、先に体が壊れました。

消化器系の手術をすることになりました。


【話し合い】続けたくて、妥協点を探った



歩くたびに痛みます。

座ると血が貯まります。

そんな生活を2ヶ月続けました。


不信感は募ります、でもここで自暴自棄になって辞めたくはなかった。


学校に通い直して、人生新たな一歩を踏み出すために手にした仕事です。

その仕事が嫌いって訳じゃないのに、こんな理由で辞めたくはなかったんです。


社長と話し合うことにしました。


僕は単刀直入に「交通費が欲しいです!!」と伝えました。

そもそも交通費支給がある約束です。

今の給料のままだと自家用車を手放しても厳しい生活ですよ。


交通費さえもらえればいい。


それ以外は何も求めていませんでした。

仮にも正社員として雇うこと決めたわけです。

真剣に話をすれば、汲み取っていただけるとどこかで信じていたんだと思います。


でも、社長は首を縦には振りませんでした。


【無理】もうこの人の下では働けない



それから社長と約3時間話しました。

それでも話はつかず、後日また3時間話し合いました。


僕は失望しました。

交通費を出せない理由は以下の通りです。

交通費を渋る理由

  • 君だけを特別扱いできない、君に出したら他の人にも出さないといけなくなる。
  • 交通費を出すと先輩より給料が高くなってしまう、「○○君より仕事をこなせるの?」



この会社にそもそも交通費はなかったみたいです、部長に相談したときは支給アリの口ぶりでしたので、偉い人は貰っているのかな?

福利厚生は意義をとても都合の良いように履き違えてます。



挙句には「自分たちは経営するので精一杯」と長々苦労話をしてきたり、「設計者を目指す人はお金に執着してはいけない」など持論を押し付けてきたり、次から次へと出てくる言葉は本当に理解に苦しむ内容でした。


その中でも、最も癇に障った言葉があります。

社長は僕に最も言ってはいけない言葉を吐いたんです、これが決め手となりました…


■君には設計者になりたいという熱意が足りない


熱意がなかったのでしょうか?

朝5時に起きて出社し、定時後22時近くまでスキルアップに励み、家に着くのは24時、寝るのは1時…

僕は頑張ってなかったんでしょうか…笑


自分の中の何かを変えたくて、ただただ熱中して取り組んでいました。

確かに、知らないことが多すぎて努力の効率は悪かったかもしれません、それでも今日より明日、1日1日何か掴んでって気持ちで「自分なりにできる姿勢」を示し続けてきたつもりです。

それなのに、現場をほとんど見てない人にそれを否定されては、もうこの人の下で働きたいと思えません。


僕は後日、会社を辞めました。


【退職】ハローワークに条件書き換えを求めた



僕はこの求人をハローワークからいただきました。

そもそも、ハローワークで仕事探すということ自体が間違っていたのかもしれません。


無知は罪なり。


なんだかんだ言っても、それが真実、全て知らなかった自分の責任です。

騙されたとはいえ、僕が選んで、僕が入社を決めたんです。

僕が世間知らずだったというだけの話、馬鹿馬鹿しい限りですね…笑


ただ、求人詐欺を実際に体感したので、更なる被害者が出ないようにハローワークに指導を依頼しました。

職員は実情を知り、快く応じてくれ、指導後連絡をくれる約束をしてくれました。


でも、何週間経っても連絡はありません。

僕は見かねて再度ハローワークに訪問、職員は口だけだったようでした…笑

再度申請し、改善するよう強く言っておきました。


これだから日本の労働環境というものは一向に良くならないんでしょう。

これも良い勉強になりました。

もうハローワークを利用することはないでしょう。


【結論】結局は自分のせい、本当の意味での自立を決意



某設計会社を退職後、コロナウイルス猛威を振るい始めました。

素晴らしくグッドタイミング、すぐに転職しようとしていましたが、ストップする求人。

僕には会社員という縁はなかったみたいです。


僕は20代後半です。

今までの職歴も「3年間のバイク旅最中のもの」であり、各地を転々、色んな事ができるようにはなりましたが、社会的信用には値しない内容だと考えられます。


この就職はいわば世間的にはラストチャンスでした。

社長もそれが分かっていたから求人詐欺で雇ったんでしょうね…笑

そんな状況であんな会社にあたってしまうあたり、僕には縁も運もなかったみたいです。


ただ、逆になんかシックリきましたね。


数か月間抜け殻のようになりましたが、やはり僕は個人で生きて行ったほうが良いみたいです。

誰かのせいにしてしまえる環境にいては、誰かに甘えてしまいます。


時代遅れな日本のビジネス環境、「一から教育してもらえる」って思って入社したのが、今思えばそもそも甘えだったのかもしれません。

日本のシステムが狂っているのは承知の上でも、他力本願もいい所、招くべきして招いた悲劇だったように思います。


小さなことからでもいいので、自分で始めてみようと思います。





世の中は素晴らしく生きづらいです。

今だけ金だけ自分だけが蔓延って、現状を受け入れ、変化を求めず生きている人が多い。

自分たちの将来、子供たちの未来にも無関心な人が多くて、これから日本はどんどん落ちていくんでしょうね…


先代がこのような社会システムをつくりあげた結果、現代の社会人はみな疲弊しています。

そんな環境に染まっているので、子供たちの未来もとんでもなく暗いです。


この国の大半の若者は、自分を少しずつ殺しながら生き延びています。

若さゆえ、無知ゆえに、そうやって生き残る以外、生きる術を持たないからです。


僕は次の世代に同じ想いをさせないために、微力ながら頑張っていこうと思います。


※求職活動にハローワークを利用すべきでない理由を綴ってます!良かったらどうぞ✋


-仕事
-,

Copyright© クロろぐ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.