軽貨物

【軽貨物】雪の日出勤する価値はありません!!



こんちわ、クロです🐈

1月8日は寒波で、大雪になりましたね!!


僕の現場は基本雪の積もらない地域ですから、超大渋滞💦

普段は30分の通勤ルートに2時間半もかかってしまいました笑


coco
雪降らない地域の人は、過度に警戒しすぎだよね…



現在は閑散期で荷物量的には遅れても問題ありませんでしたが、やはりいい気分ではありません。

僕ら軽貨物ドライバーは荷物落としてなんぼですからね!!


今回は「雪の日出勤」が委託ドライバーにとって如何に割に合わないかを語っていきましょう…

回避できるものなら全力で避けてください!!


【大前提】出勤しないのが最大のリスク回避



僕らの仕事は「荷物を無事届けること」です!!

その荷物が破損したり濡れたりでは、運ぶ意味がありません。


ですから、運転には最新の注意を払うべきであり、そもそも雪の日はできれば走るべきではありません!!

「時間通りに荷物を届けること」も大切な仕事ですが、優先すべきは「安全」、体が資本の仕事ですから、事故れば翌日から無収入です。

会社がブランドイメージを必死で守るように、僕らも「体」と「車」を本気で守りにいくべきです。


ただでさえ沢山荷物を積みます。

軽バンは形状的に安定感もあるほうではありません。


経験者なら分かると思いますが、雪道運転時の事故は回避しようとして回避できるものではありません…

急ハンドル急ブレーキを避け、速度を最大限まで落とし、2速のエンジンブレーキをうまく使いこなしても、滑るもんは滑ります。

自分が気をつけても、貰い事故は起こります。


その時、積んでいた荷物を誰が保証してくれるんでしょうか?

「任された仕事をやり切る」ことも大切かもしれませんが、あまりにリスクを大きすぎますよ…


出勤、出発が遅れる



雪の日出勤したところで、多くの荷物は配れません。

軽貨物は積込みが命、早く積み込んで早く出発して、沢山配るから儲かるわけです!!


しかし、雪の日出勤では早く出発すればするほどに、事故のリスクが高まります。

凍結した路面を沢山商品を積んで走りたい人なんていません。


正常な判断力を持っている人なら、朝持を減らし、路面がマシになってから出発するはずです。

なぜなら、ここで事故ってしまえば、今まで上げてきた売上も、会社からの信用と実績も全てパーになるからです。

たった「一日」の配達量のために、それを天秤にかけるようなことはしません。


雪の日は配達スピードが落ちる



雪道運転は神経を使います。

商売道具である「車」、商品である「荷物」、それらを守りながら運転しないといけません。


慎重に運転するため、数を配ることができなくなります。

社員ドライバーであれば「固定給」ですし、会社という保険がかかっているので「慎重を期す」ぐらいの心意気でいけます。

ですが、個人事業主は数配らないと売上が立ちません、一日で使う経費はおおよそ決まっており、その一定のラインをどれだけコンスタントに越えていけるかという勝負なんです…


事故のリスクを抱えながら、儲からない仕事を儲からないと分かりながら続ける


馬鹿げていると思いませんか?


「任されたエリアの仕事を全うすること」はドライバーにとって非常に重要なことです。

そうであるならば、リスクを犯しても、稼げなくても、出る必要はあると思います。


しかし、あまりにもリスクが高すぎる、

そして、そういう日にはどこかしらの業者1台が事故っているものです。



軽バンは商売道具であり、この子がいないことには仕事になりません。

雪の日には絶対に無理をしないようにしましょう…


僕らはプロドライバーではない



大手運送会社や消費者の多くは、軽貨物ドライバーのことを勘違いしています。

委託ドライバーは個人事業主であって、プロドライバーではありません!!


僕らがこの仕事をやっているのは「金を稼ぐため」です!!


coco
みんな勘違いしてるよね💦



おそらく多くの方はピンと来ていないと思いますが、プロドライバーのような振る舞いでは生活が成り立たないんですよ。


大手運送会社は品質を求めます。

愛想よくお客様対応ができ、時間指定はシッカリ守り、交通ルールを守って安全運転、他のドライバーと連携をとってヘルプに入り、誤配はしない、20時半までシッカリ働き、その上160ぐらいとそこそこ荷物を捌ける人材がほしい、短期で。

正直狂ってます💦



それは固定給であり、雇用が約束されている社員だからできることです。

成果報酬型という契約をとっていて、単価を叩いている時点でそんな要求罷り通るわけがないんですよ。


僕ら委託ドライバーは数配らないと生活すら成り立ちません。

車代もガソリンもリスクも責任も全て自分持ち、沢山出勤して売上あげないと利益は残りません。

利益にならない仕事なんて固定給の人だからできることであって、それを僕らに求めるのは「ワーキングプアとして都合よく使われてくれ…」って言ってるようなもんですよ。


大手運送会社と委託会社の利害は一致している



委託会社の求める人材は「大手運送会社から気に入られる人材」です!!

大手運送会社から仕事を貰う以上、そこが最大の判断基準になってきます。


数配れてロイヤリティと消費税を沢山入れてくれる人材は魅力的ですが、協調性があって空いた穴に入ってくれたり、めちゃくちゃ配れるわけじゃないけど品質がとてもいいドライバーを求めています。

一人が稼いでくる金額なんて知れています。

数人の稼ぎ頭に依存するよりも、無事故無違反でそこそこ配れる人材を増やすほうが、会社としては安定して利益を上げていくことができます。


数配る人はサインを省略したり、時間指定を無視したり、電話かけて置き配したりとテクニックとしてズルをしているもんです。

それをせずにシッカリお客さん対応をして、そこそこ配れるのがベターということでしょう。

最終的には社員を減らして、責任と経費を押し付けられる個人事業主を増やしていき、荷物量を減らして単価を下げて、ドライバーの負担を減らして、品質向上に努めるって感じでしょうか。


宅配で食っていける時代はとうに終わっているようです…

これからは一部の人しか安定して稼げない、高収入期間アルバイトみたいになっていくんですかね…笑


-軽貨物
-, ,

Copyright© クロろぐ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.